マンションの修繕積立金

マンションの修繕積立金

マンションを購入する場合に一番気になるのがランニングコストです。
初期投資額については、立地条件次第では一戸建てと変わらないよう場合もありますが、月々必要となる額があるという点でマンションと一戸建ては大きく異なります。


通常の場合、マンションでは管理費と修繕積立金の名目でとられ、月々の金額が少ない方がいいような気がしますが、実際にはそうでもありません。

きちんと必要額を徴収していなければ、将来的に残された人々が負担しなければならなくなるからです。

そもそも、管理費については、マンションの共用部分の清掃や共用部分における光熱水費、管理人の人件費等、日々の生活のために必要となる経費として徴収されます。

そのため、管理費については適切な額の徴収であることが望まれます。

タウンハイツ嵐山に関するご質問を解決いたします。

基本的に、経費節減の努力を怠らなければ、毎月の管理費はそれほど変わりません。


一方で、修繕積立金とは、将来にわたって必要となる修繕のための経費です。

任売の貝塚について詳しく説明しています。

これについては、実際には建物の修繕計画に沿って必要となる額をあらかじめ積み立てていくことになります。

今までに培ったノウハウを活かし、門前仲町の賃貸に注目が集まっています。

そのため、近々必要となるお金ではないため、マンションの販売段階では十分に計画を立てていない場合が多くあります。

数十年後n必要となる額を早い段階で集めようとすれば、その分だけ購入者の初期の負担が大きくなります。


販売会社によっては、後々修繕積立金を増額することを前提にして、当面は安く修繕積立金をおさえるように設定して、早めに分譲をしているような場合もあります。そのため、必要となる修繕積立金が不足し、後になって月々の積立金を増額するような事態になりかねません。

このような状況を踏まえて、国においても修繕積立金のガイドラインを定めています。
もちろん、マンションの状況は千差万別ですから、一概に言えませんので、結局は、それぞれのマンションの販売会社にきちんとした修繕計画を示してもらい、それに対する必要額が賄えているかどうかチェックすることが重要になります。